MENU

ipadからiCloudに設定をして情報共有する方法と設定

ipad iCloud

 

iOS5以降を搭載したipadでは、iCloudという機能を使うことができます。

 

これは、データをネット上にある割り当てられた領域に保存をして、複数のデバイスでデータを共有するという仕組みになります。

 

ipadではどのように、iCloudの設定を行うことができるのでしょうか?

 

 

Wi-Fi接続環境でなければiCloudを提供できない

 

ipad iCloud

 

iOS5が搭載されていない、ipad等の場合は最新にバージョンアップを事前に済ませておく必要があります。

 

また、インターネットへの接続方法がWI-Fi経由でなければデータの共有を行うことができません。

 

まだ、ipadをWi-Fi接続にしていない場合には、こちらも事前に接続をしておかなければなりません。

 

スポンサーリンク

 

そして、iCloudを利用するには、iTunesで必要になるIDが必要になります。

 

ipadを利用しているのであれば、事前にIDを作成している人が多いとは思いますが、すでに作成している場合には新しくIDを作成する必要はありません。

 

 

iCloudに接続するためのipad設定方法

 

ipad iCloud

 

まずは、ipadのホーム画面上にある「設定」をタップして、iCloudの設定画面から「AppleID」と「パスワード」を入力してから「サインイン」をタップします。

 

サインインが完了したら、次にiCloudに保存をしたいデータや、使用したいサービスなどを選択していきます。

 

スポンサーリンク

 

 

iCloudの設定画面から、保存したいデータの名前などがズラリと並んだ一覧が画面中央部にあります。

 

その横に、「オン/オフ」の切り替えボタンがありますので、「連絡先」や「カレンダー」など共有したい場所を「オン」にしていきます。

 

 

iCloudにバックアップをipadからもできる

 

ipad iCloud

 

ipadの各種データをicloudに自動的にバックアップをしたい場合は、「ストレージとバックアップ」を選んで「iCloudバックアップ」をオンにします。

 

「iCloudバックアップ」をオンにすると、ipadが充電やロック、さらにはWi-Fi接続などがされているときに、自動的にipadのカメラロール内の写真やビデオなどの情報が、iCloudにバックアップされるよになります。

 

 

このように、ipadとiCloudを上手く設定することができれば、上手にデータの共有やバックアップを取ることができるので、オススメです。

スポンサーリンク





他にこんな記事も読まれています


ipad iCloud
ipadを解約する際に損しないベストなタイミングとは?



ipad iCloud
ipadで充電が上手くできない状態を改善する2つの方法



ipad iCloud
ipadにおけるセキュリティ対策で有効な3つの方法



ipad iCloud
PCからipadに音楽を取り入れる2つの方法



ipad iCloud
iPadをアップデートする前に!知っておいて欲しい注意点



ipad iCloud
ipadにPCから動画を取り込んで再生するまでの正しい手順



ipad iCloud
真似すると危険!?マウスをiPadで利用する方法



ipad iCloud
ipadでリセットを強制的に行う2つの方法



ipad iCloud
iPadがなぜか充電できない!そんなときの原因と解決法



ipad iCloud
ipadで電源が入らなくなった場合の不具合対処法



ipad iCloud
ipadにGPSを設定してナビを活用する方法



ipad iCloud
ipadに入っている情報をAirPrintから印刷する方法



ipad iCloud
ipadでテレビを視聴する3つの方法



ipad iCloud
ipadをカーナビとして使う時に気をつけたい3つのこと



ipad iCloud
今後可能になる!?ipadのsimロック解除方法



ipad iCloud
iPadのウイルス対策をなめないで!安全に使うための掟



ipad iCloud
映画も手軽に!iPadにDVDを取り込む手順



ipad iCloud
コードレスの操作可能!iPadでBluetooth接続方法